• ウォーターサーバーで選べる硬水と軟水の違い

    ウォーターサーバーでは全国各地のミネラルウォーターを配達してもらうことができますが、そこで水の特徴を見るためのポイントとなるのが硬水と軟水の違いです。

    これは1リットルの水の中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量が120mgよりも多いかどうかで判断されており、120mgよりも多いと硬水、少ないと軟水に分類されることになります。

    では硬水と軟水はどう違うのかというと、まず硬水はミネラル分が多いため水の味が強く出てきます。

    そもそも純粋な水は味も匂いも無い無味無臭の液体ですから、そこに味が出てくるのはミネラルが存在しているからです。

    ウォーターサーバーの比較情報が様々な条件で検索可能です。

    そのため水を飲料として楽しむということであれば硬水の方が味を楽しめるというメリットがあります。
    ただその分和食のような細かな味わいを楽しむ料理に使うのは難しい、お茶やコーヒーに使うとミネラルの味で本来の味が楽しみづらくなるなどのデメリットもあります。

    本当に役に立つBIGLOBEニュースに関する口コミ情報を募集しています。

    これに対して軟水は日本国内で広く飲まれている水で、硬水と比べると味の少ないミネラルウォーターです。



    日本で広く飲まれているということもあって非常に馴染みやすく、硬水に含まれるミネラルが体に合わなかった時に下痢や腹痛と言ったトラブルもほとんどありません。
    総じて無難な水ということになるのですが、含まれるミネラル分の量が少ないために硬水と比べるとミネラル補給としての役割はあまりありません。どちらの水を選べば良いということはなくそれぞれの人の好みによるのですが、ウォーターサーバー業者によっては全国各地の美味しい水をラインナップとして取り揃えていることもありますから、もし判断に迷うのであればひとまずそのラインナップが豊富なウォーターサーバーを選んで飲み比べてみると良いでしょう。