• 家庭で設置できるウォーターサーバー

    人が1日に必要な水分の量は、男女や年齢、体質などによって違いはありますが、成人においてはおよそ2〜3リットルと言われています。
    人の身体の多くが水分で構成されていることを考えれば、これは当然かもしれません。


    最近では、ほとんどの人たちが水を購入して飲むようになりました。



    これは、健康や安全面を重視する傾向から、当然の流れなのかも知れません。
    その流れのなかで、最近では家庭用のウォーターサーバーを導入する人も、多くなってきました。



    以前は病院などの施設や会社の営業所などに設置されていることがほとんどでしたが、各メーカーが家庭用のウォーターサーバーを開発し、提供を開始してから少しずつ重要が広がっていっているのです。
    ウォーターサーバーを家庭に導入すると、ペットボトルで購入していた時のように、重たい荷物を運ばなくて済むようになります。

    設置場所も、家庭用に開発されたサーバーですから、場所を大きく取るようなこともありません。



    更に、独り暮らしの部屋でも設置できるようなコンパクトサイズのものまでありますので、使用の用途に合わせてサーバーを選ぶことも可能なのです。
    便利さと言えば、すぐに冷水や温水を利用できるので、冷蔵庫の中を省スペースにしたり、お湯を沸かす手間が省けたりします。
    その他にも、サーバーごとに様々な機能がついています。

    このように、ウォーターサーバーを設置することで、便利で快適に安全な飲み水を利用することができるのです。

  • 意外な事実

    • 最近では、家庭にウォーターサーバーを設置することが少しずつ増えてきました。東北の震災後、原発事故による放射線物質への懸念から、特に水の安全性に対する意識に変化が生じました。...

  • 水について情報

    • ウォーターサーバーでは全国各地のミネラルウォーターを配達してもらうことができますが、そこで水の特徴を見るためのポイントとなるのが硬水と軟水の違いです。これは1リットルの水の中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量が120mgよりも多いかどうかで判断されており、120mgよりも多いと硬水、少ないと軟水に分類されることになります。...

  • 知りたい情報

    • 人が生活を営む上で、決して欠かすことのできない水は、とても重要な存在です。日本の水道水はとても安全性に優れていて、そのままろ過せずとも飲むことができます。...

  • 水の秘密

    • ウォーターサーバーを契約する時、サーバーのどの位置にボトルタンクを設置するのかをよく確認しておきましょう。ボトルの重さや入れ替えは意外と盲点だった、という人も少なくありません。...